弁護士の業務範囲と種類

弁護士の一般的なイメージは、街中で事務所を構えて裁判や離婚相談、借金の整理などをする所謂町弁が定着しているのではないでしょうか。電車等の広告でも目にすることが多いように思います。町弁とは町医者的弁護士であり、法律という得意分野を活かして様々な相談や対応をします。刑事裁判や企業裁判などの専門はあるかもしれませんが、たいていの弁護士は何でも屋のように様々な相談に乗ってくれる頼もしい存在です。 またほとんど裁判に立たない弁護士もいます。渉外弁護士といわれる人達は、法律知識を活かしたコンサルタントのような立場にいます。渉外という名のようにビジネス取引をする際に書類作成やアドバイスをします。企業内弁護士といわれる人達は、サラリーマン弁護士という立場で、特定企業の社員・役員として働きます。企業のお抱えという点では産業医に似ているかもしれません。どちらも企業の中で、社員に対して様々な相談に乗ってくれる、または作業をしてくれる存在です。 どちらにしても法律という難しい分野を担当し、困った時に頼れる存在で、現代社会の中でますます活躍の場を広げています。

DVDの買取ならBookRiver

パンプス 通販 格安

バッグ レディースのセール中です

二次会は渋谷で貸切パーティーだから盛大にはしゃいじゃおー♪